2019年6月3日月曜日

令和元年6月第一月曜日の連絡

先月に行われた戸坂市でドリアン長野が調理したカレーの販売は成功したようです。私に余裕があればこういった内容の転載は行う予定ですが用事があったので不参加を決断しました。今月は先月の転載は行いません。なぜなら、先月に転載を実行したからです。 yahooブログからブロガーへの転載は数量が余りに膨大ですので長期間必要で徐々に行います。 ついろぐ版では確認が行えますが推奨したいホームページのブログ上での紹介は後に行います。 特定のホームページですが過去と違って状況が激変したので相互リンクの取りやめを提案します。頻繁に更新が行われてるし現存してるとは言えどもドリアン長野と会話した結果、当方では紹介を辞めました。
2010年以前にドリアン長野が旅した海外旅行記です。最近、当ホームページを閲覧された方はgooブログ版ドリアン長野の海外旅行記のリンク集を閲覧してもらえると幸いです。経年もあり海外で状況が変化したがゆえに現状と異なる部分は多くございますので皆様に影響を与える事が出来ても責任は取れません。もしも、海外旅行に行かれるなら訪問先の最新情報を得て意図的に海外の危険地帯に行くのは辞めましょう。海外旅行保険の加入は必須です。又、マラソンについてのエッセイも整理整頓しました。私は海外旅行はしましたがマラソンはしません。敬具 管理人マーキュリーマーク

0 件のコメント:

コメントを投稿

回顧を兼ねた書評 令和二年三月


僕の初海外旅行は26歳の時のインドだった。当時往復チケットは年末料金だったので30万した(泣)。
行く前は椎名誠の「わしもインドで考えた」を熟読。
インドでは尻の毛まで抜かれるほどぼったくられ、下痢と発熱で散々だったけど、それからはリーマンパッカーとして主にアジアをふらふら。アフリカは遠すぎて行けなかった。
新婚旅行もバックパックでバンコクと香港へ。香港では雑居房のチョンキンマンションで二泊し、妻はぐったりしていた。
バンコクでは安宿と高級ホテルと泊まり歩き、マリオットの
プールで溺死しそうになったのは今ではいい思い出だ(嘘)。
旅も好きだが、旅行記も好きだ。この本は主にアフリカ旅行のエッセイだが、面白い。何よりも文章がうまい。奥さんとのなりそめを綴った「追いかけてバルセロナ」なんか疾走感があり、一気に読め、感動的でさえある。朝の通勤の地下鉄で読んでたけど、日本にいながら気持ちはバックパッカー。旅の本もいいけど、また出かけたいなあ。


ランニングについての投稿




ランニング(特に早朝)をすると
眠気がふっ飛ぶ
血液が循環する
走っている時は悩みを忘れる
デトックスになる
街中の新しい発見
脳から快感物質が出る
一日爽快感が続く
大阪城公園〜坐摩(いかすり)神社の紫陽花